MENU

Youtubeで稼ぐには登録者数はどのくらい必要?【現役Youtuberが解説】

Youtubeで稼げる額は、チャンネルの登録者数におおよそ比例します。

この記事を読むと、

匿名男性

あのYoutuberはどれくらい稼いでいるの?

匿名女性

毎月10万円稼ぐには何人くらいの登録者が必要なの?

などの疑問が解決します。

この記事について

この記事は、Youtubeで50万円稼いでいる筆者が、100万円以上稼ぐYoutuber達と意見をすり合わせて作成しています。

目次

チャンネル登録者ごとの稼げる金額目安

ぱっと見で金額目安を判断する時に便利なチャンネル登録者数ですが、表にまとめると以下のような分布になるというのが現役Youtuberの体感です。

チャンネル登録者数月間収益額
1,000人以下0
1,000~2,000人5000円程度
2,000~3,000人1万円程度
3,000~5,000人2万円程度
5,000~8,000人5万円程度
8,000~10,000人10万円程度
10,000~30,000人20万円程度
30,000~50,000人40万円程度
50,000~75,000人70万円程度
75,000~100,000人100万円程度

【月間収益=チャンネル登録者数×10倍】の公式が覚えやすいです。

※1000人が収益化の最低ラインで、その分、登録者1万人以下のチャンネルでは誤差がありますが、体感的には上の表に示したものが正確です。

広告収益額はおおよそ以上の捉え方が当てはまりますが、登録者10万人以上になると企業案件での収益なども入るようになり、稼いでいる額はバラつきが大きくなります。

チャンネルのジャンルごとの稼げる金額目安

【月間収益=チャンネル登録者数×10倍】の公式は、健全な動画コンテンツに限られます。

再生数を稼ぎやすい動画ジャンルがあります。

  • エロ要素が含まれる
  • グロ要素が含まれる
  • その他

以上のようなものですね。

これらの動画はYoutubeではコミュニティガイドライン違反として広告をつけられなかったり、収益額が減らされたりしてしまいます。特にエロです。

テレビで広告費がたくさんかけられるゴールデンタイムにエロはダメなのと同じようなものです。
エログロは深夜の番組枠のような扱いになります。

過激なチャンネルの広告収入は減らされる

こういった動画の場合、過激さにもよるのですがだいたい

【月間収益=チャンネル登録者数×10倍】×0.4

くらいで考えるとちょうどいいと思います。

ピアノが上手なPan Pianoさんくらい過激だと、ほとんど広告収入はゼロに近くなるそうです。

チャンネルに投稿される動画の長さによる変動

チャンネル登録者数で月あたりの収益はだいたいイメージできますが、本質的には広告収益は動画視聴時間の合計で決まります。

一定時間動画が視聴されると広告が挟まるからですね。そこで、チャンネルに投稿される動画の長さが大切になります。

ただ、ひたすら長い動画を投稿すればいいのではなく、視聴者を飽きさせず、動画の再生状態を維持できないといけません。

各動画がどのくらい視聴者を維持しているかは知る手段がありませんが、とにかく、短い動画ばかりのチャンネルでは意外と収益は多くならないこともあるということだけ覚えていただければOKです。

チャンネル登録者数が1000人以下の場合

Youtubeでは、収益化プログラムに参加する条件が設定されています。

利用資格の最小要件

すべての YouTube の収益化ポリシーを遵守している。

YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。

有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。

チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。

リンクされている AdSense アカウントを持っている。

YouTube パートナー プログラムの概要と利用資格

この中で重要なのは、2つだけです。

  • 間近12ヶ月で4,000時間以上再生されること
  • チャンネル登録者数が1000人以上いること

この条件があるため、チャンネル登録者が1000人いない場合は広告収益は一切発生しないことになります。

登録者が1000人以下の動画を視聴した場合に広告が表示される場合がありますが、それは動画に使われている音源の権利者や、Youtube自身が広告費を受け取っています。

まずは登録者1000人を超えるところから

もし、あなたが自分でYoutubeチャンネルを運営して広告収益を狙っているのなら、まずは登録者1000人を目指す必要があります。

方法は簡単で、登録者10万人以上のチャンネルをお手本にし、全く同じクオリティの動画を目指せば間違いなく到達できます。

Youtubeについての情報は副業ネクスト(当サイト)のYoutubeタグにまとまっているので、気になる方は読んでみてください。

知りたい副業がないときはこちら

目次
閉じる