MENU

上手に稼いでいる副業Webライターさんにコツを聞いてみた【インタビュー】

 

副業Webライターさんの中で、特に楽しんでいらっしゃるなと感じたワーカーさんに追跡取材をさせて頂きました!

今回、取材したのは群馬県に住んでいらっしゃるSORA1010さんです。

SORA1010さんに回答して頂けたアンケートはこちら。

アンケート受付 2021年4月

回答者:群馬/30代前半/女性

稼ぎやすさ 3
スキルアップの実感 5
業務の楽しさ 5
ライフワークバランス 5
氏名

SORA1010

平均収入

5000円/月

ノウハウ

クラウドワークスで案件を請けながら身につけた

業務内容

インターネット上で公開される記事やブログのライティング業務


収入額こそ大きくないものの、スキルアップ・楽しさ・ワークライフバランスが満点でした。

 

楽しみつつ、スキルアップして生活を充実させているとは!仕事が趣味とはこのこと?!

目次

副業Webライターへのインタビュー

 

それではお話を聞かせて頂きます。よろしくお願いします!

本業では何をやっていたのか

これまで、本業としてはどんなお仕事をされていましたか?

都市銀行での事務職(退職済み)

副業Webライターとしての業務

副業での業務内容を詳しく教えてください

インターネット上で公開される記事やブログのライティング業務です。

クライアントから依頼を受けた大きなテーマに対して、ネットで調査をし、記事の構成を考え、写真やグラフ、表などを挿入しながら文章を書いていきます。

私の場合は「元銀行員」「韓国語」、更には趣味である「スポーツ」がテーマになることが多かったです。

SEOを意識し、実際に読む人が気になるワードを入れながら記事を作成します。一度書き上げたあとも、クライアントと話し合いながら記事を修正していきます。

 

副業ライターの1つの壁である、SEOを意識したライティングを身につけられているのですね。たしかに、この文章も非常に読みやすいです!

本業だった銀行員の体験談や、独自性のある韓国語について、趣味のスポーツなど、SORA1010さんの体験してきたこと全てが副業に活かされているといった印象を受けます。

お仕事をするプラットフォームについて

案件はどのように仕入れてお仕事されているのでしょうか?

クラウドワークス

クラウドワークスで仕事をする上でのコツがあれば教えてください

私の場合、ライターの仕事を始めた頃は、文字単価が安くても、とにかく仕事を受けることを心がけました。専門分野以外でもお仕事を頂ければ、勉強しながら記事を書き、実績を積みました。

それによってライティングスキルもアップしますし、実績を積むことで更に次の仕事につながると考えたからです。

また、クライアントとの連絡は密に取り、レスポンスの速さも意識しました。メッセージの返信が毎回遅れてしまうと、業務も進みませんし、それだけで信頼も失われてしまうからです。

たしかに、副業をする上では実績が大切になりますよね……。
クラウドワークスでは高評価が多いワーカーさんほど優遇されるところがあるので、単価が低めの案件で実績を買っていたのですね。

ライター業の中で大変なこと

失敗談や苦労話などはありますか?

ライターを始めた頃は、実績を積むために仕事を選ぶことなくたくさん受けていたので、自分のキャパオーバーになってしまう事がありました。納期を守れなかったことはありませんでしたが、ギリギリになってしまう事が多く、良い教訓になりました。

苦労したのは、長時間座ってパソコンに向かう仕事は初めてだったので、腰痛や目の疲れに悩んだことです。

 

自分のキャパは、実際に案件をやってみないとわからないところですね。
腰痛や眼精疲労対策に詳しくなるのは、副業デスクワークあるあるでしょうか。

軌道に乗るまでの創意工夫

どの点を大切にすることで副業が軌道に乗るまで漕ぎ着けましたか?

工夫したのは大きく2つです。

1つ目は、SEOについて学んだことです。
ブログ記事のライティングが多く、クライアントがら「SEOを意識して書いてほしい」と言われることがありました。素人だったので「SEO」は初耳でしたが、インターネットや書籍で勉強し、ライティングの際に意識するようにしました。
結果、クライアントからの修正依頼も格段に減り、業務の効率化にもつながりました。また記事の質の向上にもつながり、更なる依頼がくることも多くなりました。

2つ目は、WordPressの使い方を習得したことです。
ほぼ独学で少しずつ使えるようになってからは、納品方法がWordPressに限定されているお仕事でも、自信を持って受注できるようになりました。

 

SEOだけでなく、WordPressまで習得されたのですね!
その2点があれば、文字単価で0.7円、時給換算だと1500円は堅いレベルだと感じます!

WordPressとは

Webサイトの記事を作成管理するブラウザで操作できるソフトウェア。ネット上の記事の9割はWordPressで管理されている。

今後の展望について

「今後こんな風になっていきたい」など、今後の展望を教えてください。

クラウドワークスでのライティングだけでなく、フリーでも仕事を頂けるようにする。

また、自分でサイトやブログを運営し収益に繋げるのが目標です。

フリーで仕事がとれると報酬額がさらに高くなるので、ライターとして独立も可能になりますね。道筋が明確で、達成まで時間の問題に感じます!

 

これにて質問は以上です!SORA1010さん、ありがとうございました!

インタビューのまとめ

SORA1010さんは、稼げるWebライターに大切な3つの要素である、

  • 独自の経験
  • SEOライティング
  • WordPressの知識

以上3つを既に兼ね備えていました。

特に、本業の経験などからその人にしか書けない文章を持っているということはライティングにおいて非常に価値が大きいです。

 

他は勉強すれば身につくものね。

もうすぐにでも本業レベルで稼げるライターさんになれるはずなので、色々な案件をやってみてほしいですね。

副業Webライターのブログについて

 SORA1010さんが今後の展望でおっしゃっていた「自分でサイトやブログを運営」という方法について少し解説します。

ライターは誰かに雇われ、働いたぶんだけ収入になる労働集約型のビジネスモデルです。

雇われライターのメリット/デメリット

メリット早いうちから稼げる、ライティングを勉強しながら収入を作れる
デメリット作業したぶんしか稼げない、収入は取引相手次第

次に、ブログやサイト運営をした場合、自分が事業主であり、作ったコンテンツが自分の代わりにお金を稼いでくれます。これはストック型ビジネス的だと言えます。

ブログやサイト運営のメリット/デメリット

メリット時給や作業給では越えられない額を稼げる可能性がある
デメリット黒字化までは無賃労働、失敗して損失が出ることもある

例えば自分のブログにアクセスを集め、広告費で収益が出せれば、労働量に関係なく稼げるようになります。

この状況を作りだして月収100万円を越えるような人はわりといるため、副業Webライターはお金をもらいつつスキルアップしてブログやサイト運営に回るという立ち回りが現実的になるんですね。

月100万円以上稼ぐブロガーについての記事はこちら
『副業ブログは儲かる?好きなことをブログに書いて稼ぐ“ブロガー”について』

副業Webライターとして頑張る理由の1つとして、こういった1発大きく当たるチャンスに、堅実に近づけることがあります。

 

「これから副業でWebライターをやってみようかな」という方は参考にしてみてね。

知りたい副業がないときはこちら

目次
閉じる